コースについて

留学課程案内

 本学院は、日本留学試験と日本語能力試験1級に必要とされる日本語を習得できるよう授業を組み立てており、大学・大学院入試対策のために日本語以外の補習授業も設けています。また初級から上級まで各クラスは少人数制かつクラス担任制を採用しており、授業の進度や生活指導など責任を持って取り組んでいます。

コース特徴

午前または午後のみの半日制
レベルに応じたクラス編成
高得点を目指す日本語能力試験対策
ベテラン講師担任との個別面談による進路指導

授業時間

 日数・曜日

・週5日(月~金)

 時間 [45分×4限]

・午前クラス 9:00~12:30
・午後クラス 13:00~16:30

レベルと到達目標

初級I、II

期間:6か月
使用教材:みんな日本語 I、II
基本的な文法を理解し、自分の意思・考え・希望などを含めた日常的なコミュニケーションがとれる。
また、平易な文、短い文章が読め、短い作文を作成する事ができる。

初中級

期間:2~3か月
使用教材:中級へ行こう、いつかどこかで
初級で学習した文型の定着を図るとともに、「読解」に力を入れることによって中級の学習に備える。
また、学習者が日本で生活していく上で必要と思われる場面における「会話力」を養う。日本語能力試験N3取得を目指す。

中級I、II

期間:6か月
使用教材:中級を学ぼう、J301
文法を体系的に習得するとともに、日本の生活で日々直面する場面でのコミュニケーションがとれるようにする。
また、自分に関連のある出来事や興味のある話題について叙述できるようにする。日本語能力試験N2取得を目指す。

上級I、II

期間:6か月
使用教材:J501
テキストの学習を通し、新聞の社説が読める程度の読解力、テレビのドキュメンタリー番組の内容が理解できる程度の聴解力を養う。
また、身に付けた語彙や表現を用い、討論の場や小論文で自分の意見を論理的に表現する事ができる。
日本語能力試験N1取得を目指す。

主な進学先名

国立大学・大学院
東京大学大学院、東京外国語大学大学院、お茶の水女子大学大学院、北海道大学大学院、神戸大学大学院、信州大学大学院、室蘭工業大学  etc

 

私立大学・大学院(指定校推薦入学提携校を含む)
早稲田大学大学院、目白大学大学院、作新学院大学大学院、武蔵野大学大学院、拓殖大学、東洋大学、明海大学、城西大学、尚美学園大学  etc

 

専門学校(指定校推薦入学提携校を含む)
中央情報専門学校、駿台法律経済ビジネス専門学校、中央工学校、浦和専門学校、東京福祉保育専門学校、大森家政専門学校、東京工科自動車大学校、東京国際ビジネスカレッジ、東京ビジュアルアーツ、早稲田文理専門学校  etc